2010年09月19日

自分でPDCAを回させる

PDCAを自分で回せるようになると、新人は次第に、教わる人からの情報だけでなく、自らに入ってくる情報すべてから判断するようになります。
これが「学び上手」です。
こうなると、教える側もいちいち指導する手間はなくなります。


●教える方もPDCAを意識する

新人に教える前にどうやってるかを本人に考えさせる(Plan)、やらせてみる(Do)、その結果を評価する(Check)、次に何をするのか(Act)、本人に考えさせるという「質問コミュニケーション」を通じて、自分自身がPDCAを回せるように手助けするといいでしょう。

また、その指導法の中に、教わる側からの報告・連絡・相談(ホウレンソウ)を確実にすることも忘れないでください。

仕事は組織で進めるものですから、そこはきっちと教えましょう。

新人には、何かをやる前には相談させ、やっている時とやった後には報告・連絡させることを義務づけます。


●ポイント

*新人に教えるべきは「PDCAの回し方」

*教え方にもPDCAを意識し、ホウレンソウを徹底させる


■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net

■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/


posted by ホーライ at 04:50| Comment(15) | OJTで仕事を教える方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。